転職のきっかけは何でしょう?


あなたが転職を考える「きっかけ」は何でしょう。

 

1 会社の業績不振

2 処遇の不満

3 結婚

4 転勤辞令への反発

5 将来への漠然とした不安

6 他の企業も見てみたいという好奇心

7 何となく・・・

 

転職動機を他人に説明できますか?

転職の動機がイメージのままになっていませんか?

 

転職動機は採用面接で聞かれることが多いのです、ご自分の言葉で説明できることが重要だと思います。

 

転職動機を考えていく中で、色々な発見があると思います。

 

気の許せる友人に転職動機を話してみることも有効です。その動機を第三者が聞いて共感が得られますか?別のアドバイスをもらえるかもしれません。

 

上記理由の「7 何となく・・・」で転職した方は、新しい会社でも何となく退社することが多いです。

回答方法 

上の項目をクリック。

 →マンボウが泳ぎだす! 

このサービスはmethinQsを利用しています。


転職先の職場環境をイメージできますか?


転職動機に上司との折り合いの悪さを挙げる方が多いです。

 

会社組織の仕事は他人と連携して進められます。特に直属の上司となる方との相性が重要になります。

 

離職率の高い会社も離職の原因を見てみると、特定の人物のパワハラによる場合は意外に多いです。こうした会社は避けましょう。避けるためには、以下の準備が有効です。

 

1 最近の離職率を調べる。

  もしくは先方に聞いてみる。

 

→回答がない場合には少し会社の姿勢が疑われます。

 

2 紹介会社経由の求人であれば、職場の上司となる方の人柄などを聞きましょう。

 

ブラック企業と言われる経営者も現実に存在します。社員を消耗品のように考えている残念な経営者からは逃げましょう。

あくまで参考情報ですが、以下のサイトも参考になります。真偽のほどは分かりませんが・・・

ネット上の風評は以下で確認ググルトブラックな企業一覧


転職の適齢期は何歳でしょうか?


一般には転職活動年齢の上限は35歳と言われいます。40歳を過ぎると転職に不利と言われることが多いです。

 

企業も放っておくと、社員の平均年齢が上がり活力が失われていきます。

 

社員の平均年齢を下げるには、

 

1 新卒の採用に注力する

2 中途採用の対象年齢を引き下げる

3 高齢社員に転職を促す

 

しかし、中途採用の求人には幹部人材の求人もあります。この場合、年齢が重要な要素となるでしょうか。

年齢も考慮要件になるかもしれませんが、それよりも人柄、過去の実績、人脈など複合的な要素です。

 

あなたが仮に40歳であるとするなら若年層を対象にした求人には応募すべきではないです。

求人の内容をみれば、これがどの年齢を対象とした求人かどうかはある程度、判断できるものです。

 

転職のミスマッチは労使ともにエネルギーの浪費ですので避けましょう。


職務経歴書をどう書くか。


職務経歴書(以下、職歴書)には読者がいます。

ご自身の実績を強調しすぎる余り、長文の職歴書になっている例も多いです。

 

職歴書は採用企業に提出する名刺のようなものです。

 

「簡潔明瞭」を目指しましょう。

 

簡潔明瞭の職歴書の要素とは:

 

読みやすい分量とは →一応の目安として

  • 20歳代であれば2枚、
  • 30歳代であれば3枚、
  • 40歳代であれば4枚、
  • 50歳代であれば5枚、といったところでしょう。 

 

◎読みやすい書き方とは

  • 説明の文章は2行以内に
  • 勤務した会社の説明、 →事業内容、資本金、売上、従業員数、
  • 所属部署、役職、部下がいればその人数、を明記してから具体的な職務内容を記述する。
  • 取り組んだ課題で一定の成果があれば具体的に記述する。

回答方法 

上の項目をクリック。

 →マンボウが泳ぎだす! 

このサービスはmethinQsを利用しています。

親しい知人に職務経歴書を見てもらうのは有効な方法です。

第三者の視点で見てもらうと、文意が不明瞭な個所などを発見してくれる場合が多いです。

見てもらう相手が職種が違う友人であっても同様です。業務知識や専門用語の知識がなくても、文章の理解という点では共通する部分は多いです。